HGUC プロト・スタークジェガン Part.1

ぷーすとです。

新しい制作記事やっていきます。

dsc01557

プレミアムバンダイから発売されたプロト・スタークジェガン。

プレバンからは何個かジェガンは出てますが、それの一番新しいキットです。

UCとCCA-MSVとで設定がややこしいスタークジェガンですが、このスタークジェガンは「元々あった明貴美加デザインのものをカトキがリファインしUCにおけるそれの”プロトタイプ”としたもの」だそうです。めっちゃややこしくねえ?

前に出たCCA-MSVverも文章にするとかなりめんどくさい感じなので、ここで載せるのはやめておきます。

では組み立ていきます。

 

dsc01547

素組み。

HGUCのジェガンはプロポがカッチリしてて好きなんですよね。

ミサイルの大きさもあり、かなりボリュームのあるキットなんですが・・・。

 

2016y09m19d_172255551

ここはどうにかならなかったかな~、と思います。

胸部パーツがダクト含め全部一体成型。

通信販売の商品という都合上、コスト的なアレは割けないのでしょうが、せめてパーツ一色でも別パーツにできなかったかなぁと。

流用に関しては、↑の写真の通り難しいんだろうってのはわかるけど・・・。

別にマスキングすればそれで終わる話なんですけどね。でもこれ、2700円の商品ですよ?(スタークジェガンは定価2160円)

まあでも、追加分500~600円分のパーツに贅沢いいすぎなのかな・・・ミサイルもあるしな・・・。

一応言っておくと、胸部の新規パーツは個人的には◎です。CCA-MSVの時はちょこっとしょぼく見えたのですが、こっちは割と設定画には忠実です。

それにミサイルのボリュームも十分あります。

 

dsc01551

ちなみに、ジェガン・スタークジェガン両方の余りパーツがかなりついてきます。

プレバンではこういう部分もありがたいといえばそうなのですが、個人的にはそれで商品自体の評価が上がる訳ではないと思ってます(特にプレバンでは)。余分は余分、本体は本体ですし。

だって、それだとリバウが神商品になっちまうよ・・・。

 

というわけで、以下色々弄ったところとかです。

dsc01552

ミサイルの設定画になかった部分をカット。

本編などを見る限りでは、ミサイル間にはないように見えた部分だったので、ばっさりやっちゃいました。

 

dsc01554

顎を少しだけボリュームアップ。

個人的な好みでやりました。

 

dsc01550

2016y09m17d_224421127

実はこの機体、元のスタークジェガンとバックパックの細部デザインが違うのです。

これを言うと色々とキリがないのでアレですが、せっかくなのでバックパックだけでも元の設定画に近づけてみたいと思います。

 

dsc01556

とりあえずパテをもりもり。

ここから色々と成形していきます。

 

今回はここまで。

次回へ続く。

 

 

ポチっと、よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他趣味ブログ ガンプラへ
にほんブログ村

コメント入力欄

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA