プラモとか日記とか。(まだいろいろ工事中ですゆるして)

HGBF アメイジングストライクフリーダムガンダム Part.1

ぷーすとです。

新しい製作始めていきます。

今回やっていくのは、HGBFの新作アメイジングストライクフリーダムガンダム。名前が長ぇ!

例に漏れずこれも賛否両論な前評判でしたが、果たして・・・。

 

パチっと素組み。後ハメ等の関係で所々パーツを付けてません。

元々のストフリのバランスが良いのもあって、こちらもプロポーションは割と問題無いように見えます。

 

関節に関しては、前回ストフリで塗装した時にバラすのがめんどくさかったので、今回は組み立てる前にあらかじめ塗ってあります。ついでにポリキャップも普通の色のものに差し替え。

発売前まで散々言われていた赤関節ですが、成形色がメタリック系になっており、実物で見ると中々悪くないです。

まあここは好み別れるよね・・・自分は正直あんまり・・・。

そんな感じで塗装して組み立てたのが2枚目の写真なのですが、元々のカラーリングが赤関節に合わせてあるからか、かなり地味になってしまいました。

塗装の時は所々本体に赤の部分増やしたりすると良いかもしれませんね。なんか本末転倒な気もするかも・・・。

 

それはそうとバックパックなんですが、これめっっっちゃかっこよくないですか?

なんつーかガンプラビルダーのツボついてるって感じなんですよね。例の人はデザインはともかくそこらへんのギミック考えるのは結構うまいと思います。ルナゲイザーのアレはともかく。

バインダーも見かけによらずそこそこ動くのですが、肩等どうしても干渉しちゃう部分はあります。

 

以下弄ったところ。

肩のダクトパーツ。

ストフリの時と同じく、横の部分を少しカットしてあげると後ハメすることができます。

 

腰部。

このキット・・・もといこの機体、ビームサーベルの柄がストフリと同じ場所ではなく、腰のバックアーマーにつけられてるんです。

しかし、サイドアーマーの元々サーベルラックがあった部分にこれといったギミックはなく、穴が開いてるだけ。なんじゃそら。

とはいえ実際にラックパーツを付けてみると、結構可動の邪魔になったので適当に円形パーツを貼ってごまかしておきました。

ちなみに言っておくと、キットには何故かサーベル用のクリアパーツが付属していない。それはどうなのかな・・・。

 

今回はここまで。

次回塗装編。

 

ポチっとよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他趣味ブログ ガンプラへ
にほんブログ村

コメント入力欄

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA