HGIBO ガンダムバエル Part.2 表面処理編

ぷーすとです。

バエルの進捗。

突然なんですが、実はと言うと自分、「表面処理」というのがいまいちわかっておらず、そのままずーっとガンプラやってたんですよね。

ヒケ埋めとかエッジ出しとかいろいろあるけどそれを包括して表面処理なのかな~と思うくらい。

で、今回バエルでそのエッジ出しに挑戦してみようしてたんですが、こいつ劇中だとバッリバリの作画だったのにガンプラは微妙な曲線が多め・・・。

ペーパーでやるのもめんどくさいししなくても良いかぁ、と思っていたわけですが、そんな自分に舞い降りた救世主、それが「神ヤス」です。

 

ゴッドハンド製のこのツール、ただのスポンジヤスリではなく「スポンジ布ヤスリ」というジャンル。ほかにそういうのがあるかはわからんけれども。

ツイッター等でちょこちょこ見たことはあったんですが、「どーせ普通のスポンジヤスリでしょ~?」と買わず仕舞いだったのです。

丁度スポンジヤスリも持ってなかったので、せっかくならと思いお試し感覚で買ってみました。

今回使ったのは2mm厚のもの。このほかに3mmと5mmがあるようです。

 

試しにサクッとエッジ出し。

手前が400→600→800で処理したもの、その後ろが未加工のもの。

前述したとおり、バエルは微妙な曲面が多く普通のヤスリスティック等ではやりにくいのですが、この神ヤス、その曲面にうまいことフィットしてくれるのでだいぶやりやすい。ヤスリだけに。

ほかのスポンジヤスリと違ってスポンジが適度な硬さなので色んな部分に使えるし、2mm厚という厚さでも普通の紙ヤスリの感覚と近からずも遠からずなので、結構力の入れ具合の調整がしやすくサクサクと表面処理をすることができます。楽しいですよこれ。

 

そんな神ヤスなんですが、お値段は↑の120~800のセットで480円ほど。

はっきり言ってそこそこの値段はするんですが、水研ぎができるので洗っちゃいえば使いまわしすることができます。1セット買えばそれなりに長いこと使えるのではないでしょうか。

 

なんかバエルの記事じゃなくて神ヤスの記事になっちゃいましたが、それぐらいすごいです。アグニカもびっくりだねこりゃ。

今回は2mmしか使いませんでしたが、これくらいの硬さなら一番厚い5mmで平面のエッジ出しもできるんじゃないかな~と思うので、そっちもいずれ使ってみたいですね。

 

今回はここまで。

次回塗装編。

 

 
ポチっと、よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他趣味ブログ ガンプラへ
にほんブログ村

コメント入力欄

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA