HGBF ストライカージンクス Part.1

ぷーすとです。

新しい制作やっていきます。

今回作っていくのは、HGBFのストライカージンクス。BFバトローグにて登場したジンクスの改造機です。

ビルドファイターズって色んなガンプラに対する「本気」を各キャラが持ってるわけですが、このストライカージンクスを制作したレナート兄弟もその一人(三人?)。

ガンプラバトルを「戦争」と称して戦ったり、使用するガンプラが量産型ばっかりなど、結構好きなキャラなんですよね。

まあそれはさておき、組んでいこうと思います。

素組み。

本体はジンクスを流用していますが、半分くらいは新規パーツとなっています。

ん~この人革連カスタムみたいな色と見た目・・・すばらし・・・。

ジンクスⅣの地上戦データ収集用機体という設定なんですが、設定上でのベースキットはアドヴァンスドジンクスとのこと。ややこしい。

右肩は本来ならばGNディスチャージャーが付いているのですが、今回両肩にはランナーの都合で二個付属していたシールドを取り付けています。

この機体の魅力のひとつ、GNビームスマートガン。

既存パーツを加工して強化するってのがめっちょ好きなんですよね・・・良い・・・良いぞ・・・。

GNスマートガン本体は結構細かく分解できるんですが、ポロリのことも考えて一部接着してあります。

 

上記した通りアドヴァンスドジンクスがベースにされているだけあり、頭部やバックパック、脚部にその名残が。

発売前にモデグラの記事にも「余剰パーツでアドヴァンスドが組める!」とあったのですが、実際はランナースイッチが切り替わっており、ジンクスをもう一個買わないとアドヴァンスドに出来ない仕様になっていました。

早とちりで記事にしたモデグラもモデグラですし、そもそもアドヴァンスドジンクスにできるとバンダイホビーサイトにも書いてないので、言っちゃえばまあ当たり前なんですよね。どうせプレバンでもう一儲けって感じなんだろうけどさぁ・・・。

 

新規パーツ含め後ハメがほとんどいらないようになってたんですが、頭部だけ後ハメ加工をしておきました。

↑のようにカットすればパチッとはめることができます。

 

今回はここまで。

次回へ続く。

 

ポチっとよろしくお願いします。
にほんブログ村 その他趣味ブログ ガンプラへ
にほんブログ村

 

コメント入力欄

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA