ガンダムエース「試作型ロングレンジビームライフル」軽く弄った

ぷーすとです。

今月のガンダムエースに付属した「試作型ロングレンジビームライフル」のレビューを軽~くレビューしたいと思います。

久しぶりにガンダムエース買ったけど、なんか薄くならなかった・・・?

 

長さはこんな感じ。

プレバンのWDスナⅡについてくるスナイパーライフルよりちょっと長めかな~と言った感じ。

 

見ての通りディテールは結構入っているので、基本的にはオリジン系向けだと思います。

ダクト部分は抜きになっていて、中の銃身が見えるようになっています。塗装で映えそうですね。

ちなみに成型色はグレー一色です。

 

ばらし。

付録にしてはかなりパーツ分けがされており、塗装もしやすい構成でした。

砲身部分も別パーツになっていて、複数買えば無限に伸びます。夢ありますね。

 

最初このライフルを見たときに「グリップがセンサーに被るの頭悪くねえ???」と思っていたのですが、グリップ部分はちゃんと差し替えが可能になっており、被らない様に出来る仕様になってました。

こっちの方が見栄えもいいし、ポージングも構えやすいのでいいですね。

 

早速こないだのFSDでキメ。

サイズが大きいので、多分ほとんどの機体に合うと思います。

 

このビームライフル、アドいのがいわゆる俗称”輝き棒”が付属すること。

局地型系のシールドにつけることができるので、まあ輝き棒THE ORIGINといったとこでしょうか。

 

砲身パーツを取り外すと、小型ライフルにすることができます。

個人的には・・・センサー部分がデカくてちょっとカッコ悪いかなぁ。

 

というわけで、適当にパパッと塗装してみました。

外身のパーツをエアクラフトグレー、中の銃身パーツをガンクローム、その他ジャーマングレーのカラーリングにしました。

センサーのカメラアイはシールも付属しないので、ビルダーズパーツを使用してそれっぽく仕上げています。

 

ツイッターの方で公式主催のフォトコンテストみたいなのがやっていたので、気合い入れて撮ってみました。今回黒背景なのがそれが理由です。

黒背景で照明をメインのみにし、露出補正をマイナスにして撮影、するとこんな雰囲気なやつが撮れます。あとはまあ三脚とセルフタイマーは必須ですね。

 

以上、試作型ロングレンジビームライフルでした。名前が長い。

所詮雑誌付録のキットなのですが、ディテールもかなり入ってますし、何よりも結構カスタマイズの幅が広い構成になっているので、買って損はしないと思います。

複数買いすることでカスタマイズやポージングの幅が広がるのもいいですね。

思えばこういう付録最近は少なくなった気がする。

 

ポチっと、よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他趣味ブログ ガンプラへ
にほんブログ村


コメント入力欄

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA